www.julian-griffith.com

腰痛の症状が発生した時には応急処置を行う事が大切です。 まずは腰の負担を軽減させる事が必要になります。 腰をくの字の状態にした上で横向きに横たわる事や、脚の下に座布団を敷いた状態で仰向けになる事あるいはお腹の下へ座布団を敷いてうつぶせになる等の姿勢を取る事によって腰への負担を最小限に抑えます。 又、急に腰痛が発生した場合にはクールダウンする事が痛みの和らぎに効果的です。 冷却パックや氷と塩を入れたビニール袋をタオルで包み込み腰へあてます。 痛みが増す場合には中止及び長時間のクールダウンは避けた方が無難です。 ちなみに慢性的な腰痛が発生している場合には温める事が大切です。 (外傷や打撲あるいは熱を持っている場合を除きます) レンジやお湯を使用して温めた蒸しタオルを腰にあてる事で痛みを減少させる効果を期待する事が出来ます。 腰痛が起こった際には慌てて動かずにまずは落ち着いて対処する事が必要になります。 医療機関による診察も望ましいです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.julian-griffith.com All Rights Reserved.