中期のスタンスの場合1?2ヶ月位経った頃

外国為替証拠金取引(FX)についての面白みはたった一つの金融商品あるのに、お金を掛ける期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの中からどれをチョイスするかということにより資金を費やす手法がまったく異なってくるという部分にあると言われます。エマルジョンリムーバー

まずは外貨への投資の「長期の投資」を考えてみよう。すそわきがの治療

長期の投資とは一年以上の長期出資を前提にしています。夫の同意書が不要、会社への在籍確認なしの専業主婦借入可能なカードローン一覧

普通は為替相場においては一年も先の為替相場が円高であるか、あるいは円安だろうかを考えるなんていうことは一般的に困難なはずです。嘘の戦争 動画 9話

実際のところ、「それほど後の情勢は予言できない」と考えるのが現実なのです。デリケートゾーン かゆみ 我慢

予想もできないものをがんばって推測しようと思ったところで、それは無理なことなのです。

ですから、外国の貨幣を買ったとして、買いレートよりも円高になったとしても、その損失分は少し経てば円安になるはずだという感覚で売買にチャレンジすることが必要です。

為替の利益をアグレッシブに求めることではなく、別の差益要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げることを、とりあえずの望みにして出資しましょう。

言うまでもなくちょっとの期間で差損に損失が膨らむこともあります。

そのことから、こんなマイナスがあっても耐えられるようにレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限で売り買いする心がけは大切です。

FXは、損がある範囲以上に拡大すると、追い証(追加保証金)が必要になったりもしくはストップロス(ロスカット)になったりします。

ストップロスを置いたら、すぐに売り買いを終了することになり、長期のトレードが難しくなります。

この種の危険を回避するにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍でやり取りするのがベストです。

第二に中期の投資での売買に関してです。

中期のスタンスの場合1?2ヶ月位経った頃を予想しての取引をします。

為替の取引の時は、だいたい1ヶ月ほど先のことであれば、だいたいの場合、予想可能かと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などの公式のミーティングであったり為替のトレードで売買している人たちがどういったテーマに関心があるかを見れば、だいたい、予測できると思います。

このような経済情勢をチェックしながらチャートを参考にすることで為替相場のレベルを把握し、買いポジションか売りポジションかを見極めるといいでしょう。

基本的に経済の状態とテクニカルのどちらも良い状態であり、あるいは買いが一致していれば、ほぼその様に動くと考えて問題ありません。

そんな時は保有高を増やすことによって一層多額のリターンを狙っていけるはずです。

最後は短期のコツ。

この短期スタンスというのはいわゆるデイトレードのことを意味しています。

為替市場で日計り取引を行う場合経済情勢は決して絡まないと断言します。

なぜならば次の日のレートの動向に経済の状況は関連がないからです。

この場合最大のコツは目立った行事がある場合それにより為替レートが著しく動く一瞬を狙って行動しましょう。

たとえばアメリカ合衆国において雇用情勢が提示されるそれとも金融政策等によって金利が変化するくらいの催しごと。

このように大事な機会に変わり様を捉えるとのわけで、短期のスタンスは専門的な情報が必要となる。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.julian-griffith.com All Rights Reserved.