電子書籍と若者について

 私は、電子書籍が普及することについて賛成の立場です。ハーブガーデン シャンプー お試し

それはどうしてかというと、電子書籍がこのまま世間に浸透していけば、それだけ今の若者たちが本を多く読むようになるのではないか?と思っているからです。メルライン ドラッグストア 薬局 amazon、公式サイト 最安値

 昔の若者に比べて今の若者は極端に読書量が落ちていると感じています。

仮に読書をすると言っても、マンガばかりでなかなか小説を読むという若者は少ないように思います。

私はマンガが好きなので、マンガを読むことももちろん良いとは考えていますが、活字がたくさん並んだ小説も読んで欲しいと思っています。

 そこで、電子書籍が役立ちます。

今の若者はスマホを肌身離さず持っている人が多いので、電子書籍ならば手軽に小説と触れる機会を得られると思います。

そこで、美しい文章に触れ、魅力的な物語に没頭できれば、知性が広がって人間的に成長できるはずです。

 ですので、これからも電子書籍の普及がどんどん広がり、今の若者がもっと読書をするようになれば良いと私は思っています。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.julian-griffith.com All Rights Reserved.