道の上から取り除きます

予期せず、思いがけず起こってしまうのが車の事故です。

そこでどのように対応するかにより車の保険料の支払金も相当大きく異なる場合も予想できますので落ち着いた判断力と対処が不可欠です。

想像も出来ない場面で平静さを失ってしまったら事を見逃してしまい、その先大損を負う時もあるので乗用車の事故を起こしてしまった状況では以下に述べる判断を行います。

車の事故をしてしまった場面で一番にするべきは怪我人の状況を確認する必要があります。

乗用車の事故の後は頭の中が真白になって何も出来ない状態になってしまう時があり容易に動けないのが現実です。

ですから、怪我をした人がいたならば危険じゃない地点に運んで応急手当を行って周りに助けを呼ぶなどして救助の最優先を心掛けましょう。

救急車を呼ぶ場面でははっきりと事故があった場所を知らせて、分からない状況では近くの分かり易い建造物や交差点を伝えて事故の現場の位置が分かってもらえるようにします。

次に警察署へ電話して自動車事故があった事さらに様子を告げます。

救急車と警察の到着を待つ内に事故相手の情報を確認します。

名前、住所、TEL番免許車のナンバー事故の相手の方の自動車保険の会社名という各々の情報をやり取りします。

特に事故の相手に非がある時にはその場所でやりくりしようとする場合が存在しますがその場で片付けるのではなくどんな風な状態であれ110番や保険屋さんに通報して、チェックしてもらいます。

お互いの内容を言ったら車の障害になるのを避けるために邪魔な物を道の上から取り除きます。

どうしても障害となった物が他の人の車の障害になっている状況なら互いの情報の交換をする以前にこれを行っても問題はないです。

自分の加入している自動車保険会社に連絡して、自動車の事故が起きた事を電話します。

特定時間の時に自動車の保険会社に知らせておかないと自動車での事故の保険の適用外に場合もあるのでなるべく素早く連絡を入れることが欠かせません。

現場の形跡としてコンパクトカメラやスマホなどを用いて状況や愛車の破損の状態が分かる写真をを撮影しておきます。

その写真は責任の割合決定する時に重要な証明となるので、自身の愛車や相手の愛車の破損状態を正しく手がかりとして残しておくことが大切です。

その場面で目撃した人がいたとしたら警官や自動車保険会社が来るまで一緒に待機して頂くように依頼するのも必要不可欠です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.julian-griffith.com All Rights Reserved.